本文へスキップ
全国の子どもたちが日々の営みの「あわい(間)」でいつでも、どこでも使えるような教材作りをめざして。 since 2013.3.24
桑ぴょんの特別支援教育マラソン3.0 「あわい」 学習プリント編

清潔を保つための手順表 編


※ 当サイトの恒常的な運営費は広告収入より得ています。表示へのご理解をお願いいたします。

「目やに」を取る手順表

 「清潔を保つ」ということはとても大切なことで、それは障害の有無を問わず、清潔である人は「不潔」という気を付ければ回避できる要素によって人を遠ざけることはなくなりますし、逆にいえば「不潔」な人は、それだけで人を遠ざけてしまっている可能性があります。

 「人の中で明るく、いきいきと暮らしてほしい!」。このことは特別支援学校の先生をするにあたって、常に根底にあります。

 今回は「目やに」を取るシートを作ってみました。結構、教えられてあげられていない子が多いですし、朝の習慣形成としてぜひ取り組んでほしいことでもあります。

※ 右側画像にPDFファイル1枚をリンクさせてあります。
※ 同時処理が強く、1枚ずつの提示の方が向いているお子さんなど元データが必要な方はご連絡下さい  。データを差し上げます。


ウォシュレットの手順表(PDF2枚)

 肛門の周りの皮膚は非常に薄く、デリケートでウンチの拭き残しが有るとすぐに擦れてしまって痛くなります。隠れているところなので見逃されがちですが、ウンチをきれいに拭き取れていない結果、お尻が痛くて調子を崩してしまっているお子さんを今までに何人も見てきました。

 そこで、ウォシュレットを使う為の手順表を作成しました。なるべく低年齢の段階から慣れておくことができれば、お尻の健康を保つことが用意になると思います。

※ 右側画像にPDFファイル2枚をリンクさせてあります。


インフルエンザ出席停止カレンダー

 インフルエンザの季節となってきました(14.1.18現在)。インフルエンザに罹患した際の出席停止基準は学校安全法により「解熱後3日」「発症後5日」が経過していることと定められています。(法律によってきまっているんです。)…といっても、子どもには分かりにくいですので、難しいこと抜きに「5日おやすみ」のカレンダーを作ってみました。もちろん発症後2日経過からなど途中から使っていただいても構いません。

※ 右側画像にPDFファイル1枚をリンクさせてあります。


メガネをズレなくする「メガロック」

これは長年使っていてとてもオススメなので、そのまま商品掲載しておきます。夏場などは特にメガネが汗で滑ってずり落ちてしまったりします。それが落下の原因になったり、「もうかけない!」の原因になったりします。このメガロックは側転しても、鉄棒してもメガネを保持してくれます。私もメガネをしたまま何度かフルマラソンをしましたが、このメガロックがあることでずれることなくマラソンを続けることができました。とてもオススメです。
※ メガネ屋さんでも「メガロックください」というと、店頭に並んでなくても出してきてくれるところが多いです。
※ Amazonでも売っていますが、楽天のこのお店が、メール便80円で送ってくれて底値です。


ひげそりの手順表

中学部2年生以降になると一気に濃くなり始めてくるひげですが、最初の頃はひげもやわらかく、電気シェーバーで剃れなかったりします。また、電気シェーバーだと感覚のみを頼りにひげを剃っていくために、眉毛まで剃ってしまったり、髪の毛まで剃ってしまったりすることが経験上多いです。そこで、シェービングクリームを使ったひげそりの手順表を作成しました。ポイントはシェービングクリームの量を、最初に視覚化して示すことです(大人でもリッチにたくさん使ってみたくなる時があるくらいのものですから…(笑))

※ 右側画像にPDFファイル1枚をリンクさせてあります。


痛いことを伝えると痛いのがなくなるよシート

「痛さ」「具合の悪さ」を伝えることに難しさのあるお子さんは少なくありません。それは内臓感覚やボディーイメージの未発達さなどから来る「どこが痛いかが分からない」という原因のお子さんもいれば、「痛い」と伝えることが「痛さの解消」とつながっているという因果関係がつながっていないお子さんもいます。このプリントは主に後者の場合を想定して作成してあります。「痛い」と伝えると「痛さの解消」につながる経験をたくさん積んで、「痛さ」が伝えられるようになるといいなと思います。その際には「痛い」と伝えてきてくれる初期には、ちゃんと受け入れることも大切ですね。(「それくらい大丈夫!」と言わずに…(笑))

※ 右側画像にPDFファイル3枚をリンクさせてあります。


鼻かみ練習用教材

−商品リンクより以下引用−
≪2才頃〜≫
お子様が鼻を上手にかめる様にするトレーニング器です。
鼻から息を出せれば、3頭のゾウのイラスト入りの風船がとびだす仕掛けになっており遊び感覚で、はなかみのトレーニングができます。
風船を繰り返し膨らませることで鼻から息を出す感覚をおぼえることができます。
ノーズピースは柔らかい素材なので、お子様の鼻にも安心して使用できます。



歯垢を赤く着色しながら磨く歯磨き

「歯磨き自体は「歯磨きアプリ」で一定時間自分で取り組めるようになったけれども、磨き残しが気になる」
 というご要望は最近身の回りで増えてきている印象です。自立的に歯磨きに取り組めるようになったのは一歩前進。でも、そこから先の磨き残しを減らしていくことにもう一歩、工夫が必要…といったところでしょうか。
 歯垢染色材は色々とあるのですが、これは自然に歯磨きをしながら歯垢を染色し、そこを落としていくというものです。普段の流れを変えずに、でも落とすべき汚れを染色していく。結構スグレモノです。

手の汚れを映し出す液とブラックライト

手の汚れを「見える化」するためのローションです。但し、ローション単体では見える化することはできずに、ブラックライト(Amazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」覧に1,620円で売っています)が必要になります。後は段ボールなどをくり抜いて暗めの所で確認をすれば汚れが浮き上がるというものです。


排尿記録用紙

 トイレットトレーニングは奥田健次先生の「世界に1つだけの子育ての教科書―子育ての失敗を100%取り戻す方法」に記載されている魚群探知式の方法を使って、毎回取り組んでいます。非常に効果の高い方法なのですが、取り組むに当たって水分摂取量と、それに伴う排尿の感覚を記録することが必須です。
 右の画像に排尿記録用紙をリンクさせてあります。本当に上手くいけば、3日目で効果が上がるような、そんな方法です。

※ 右側画像にPDFファイル1枚をリンクさせてあります。


Title

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。


バナースペース



New! 更新情報